誰でも手軽にブラウザ上で3Dモデルを閲覧&コメント可能

開発関係者の増加によるハードウェア設計要件の複雑化

プロジェクトの発展に伴い、社外の協力会社、海外の製造業者、社内の営業部門・企画部門、など関わる人が増えてくると、ハードウェア設計の要件が複雑化していきます。

関係者それぞれに実現したい要件があり、メカ設計がそれらを満たせているかをモデルのバージョンアップごとにチェックをする必要があります。

メカ設計をチェックするためのコストと手間

しかし、高価なライセンス料と高スペックのPCを必要とする3DCADを全員が導入するのはコストの点から現実的ではありません。また無料のビューワーを入れるにしても、手間がかかり非エンジニアにとって扱いが難しいことがあります

加えて、外部会社が同じCADを持っていない場合は、いちいち中間フォーマットに変換し、モデルが壊れていないかを気にする必要があります。

スクリーンショットの繰り返しの配布と開発スピードの低下

これらの理由により、多くの場合、3DCADを扱えるエンジニアがスクリーンショットを取得し、関係者に配ることになります。しかし、関係者が増えるとエンジニアの作業負担は増大し、開発効率が落ちてしまいます。また、2次元情報だけでは情報量が少なく、思いもしない抜け漏れが発生しやすくなります。

さらに、頻繁に3Dモデルのアップデートがある場合、どれが最新ファイルの情報か分からなくなることがあり、それを確認するために追加でコミュニケーションを取る必要がでてきます。

Devel Hubとは

  • 変更内容を説明するのに、3Dデータのスクリーンショットを送るのが手間
  • 異なるCADで設計する外部会社の3Dモデルを確認したい
  • 営業部門や企画部門などでも3Dモデルを確認できるようにしたい
  • 最新のファイルがどれかすぐにわかるようにしたい

Devel Hub(デベル ハブ)はそんなお困りのハードウェアに関わる関係者及びエンジニアをサポートする、ハードウェア開発に特化したクラウドサービスです。開発スピードの向上及び、エンジニアの労働時間削減に貢献します。

1従業員あたり25万円/年のコスト減
開発の遅延の抑制

2021年の調査*によると、現場のエンジニアに最も望まれていることは、開発とは本質的に無関係な仕事、つまりメールなどのコミュニケーションに費やす時間を削減することです。最新のデータを確認するために同僚にメールで聞き回ったり、逆に情報の提供依頼を受けることで、多くの時間を浪費しています。
*https://www.onshape.com/global-assets/ebooks/state-of-product-development-hardware-design-2021/2021-onshape-ebook-state-of-product-development.pdf

Devel Hubを導入すると、上記問題を解決でき、1エンジニア当たり年間130時間の労働時間と25万円のコストを削減を見込めます*。
加えて、開発の遅延がなくなることで、開発コストが抑制され、販売の機会損失を防ぐこともできます。
*年収500万、情報提供・確認に5時間/1週間かかるところを、50%の時間削減

Devel Hubの特長

①3Dをライセンスなしで閲覧&コメント可能

設計変更の確認や、デザインレビューをする際に、営業や製造の関係者がCADライセンスを所持していないがために、スムーズに3Dモデルを確認できない、という状況はよくあります。

Devel Hubでは、アップロードしたモデルをブラウザ上で閲覧でき、
・3Dデータ上にコメントを残す
・特定の部品を非表示にしてモデルを表示する

・任意の箇所で断面を切って表示する
ことなどが可能です。スクリーンショットを送り合う必要はもうありません。

3Dデータを見るための追加ライセンスは不要です。対応フォーマットは60種類で、.sldprt, .sldasm, .CATPart, .dwg, .neu / .prt / .xpr, .step / .stp, .stl, .igsなどです。
今後2Dデータへの対応も実装予定です。

②バージョン管理可能

Devel Hub上では、モデルファイルをアップロードする際に自動的にあるいは手動でバージョンを割り当てます。そのため、どのファイルが最新なのかがすぐにわかります

また、設計→レビュー→修正、のサイクルを繰り返す中で、指摘コメントや渡されたスクリーンショットがどのバージョンに紐づいたものなのか、後々分からなくなることがあります。一方で、Devel Hubではコメントはバージョンに常に紐づくため、一目で指摘項目を抜け漏れなく見通せます。

③セキュリティー

  • Devel Hubは、Amazon Web Services上に構築されています。AWSは国内大手企業で非常に多くの導入実績があり、非常に高いセキュリティ基準であることが客観的にも評価されています。
  • Devel Hub上での通信はすべてSSLを用いてデータを暗号化しており、第三者がハッキングしようとしても内容を見ることはできません
  • ログイン時には2段階認証を義務付けているため、万が一、ログインに必要なメールアドレス・パスワードの情報が第三者に漏洩したとしても、第三者があなたの情報にアクセスすることは出来ません。
  • 万が一セキュリティ上の問題が発生しても、アクセスログを辿ることで即座に不正なログインや意図しない操作を確認し対応できます

④全データをダウンロード可能

Devel Hub上にアップロードしたデータは退会時に全て取り出すことができます。試用期間では無料で、導入後は5〜10万円でデータの全取り出しを依頼いただけます。費用はデータ量によります。ご依頼の際は運営元までご連絡ください。

料金

キャンペーン中につき
6ヶ月間の利用料無料*

キャンペーン中に本サービスを導入いただいた場合、6ヶ月間の利用料が無料になります。

サービス導入のお問い合わせ

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信